郡山 肩や腕の痛み 治療(胸郭出口症候群)

・肩から指先が痺れる

・肩や腕の痛みがでる

・手が自分の手のような感じがしない、モヤモヤする

・手先、指先が冷える

こんな症状ありませか?

胸郭出口症候群とは、肩から腕にいく血管や神経が、鎖骨や肋骨、筋肉で囲まれた出口で圧迫されておこるものです。症状は肩から腕にかけての痺れや痛み・肩こり・冷感・手指の感覚異常です。重い物を持ち運ぶ仕事をしている人や、なで肩の若い女性に多くみられます。つり革につかまる時や、洗濯物干す時などの腕を上げる動作で痺れや痛みがでるのも特徴です。

胸郭出口症候群は、

首の筋肉の張りで血管や神経が圧迫されて起こる斜角筋症候群

肋骨・鎖骨で血管や神経が圧迫されて起こる肋鎖症候群

鎖骨の上、首寄りの所に固めのできものができて、それが血管や神経が圧迫して起こる頸肋症候群

胸の筋肉の張りで血管や神経が圧迫されて起こる小胸筋症候群(過外転症候群)

とに分けられます。

症状が悪化すると頭痛や吐き気、目のかすみなどの症状が出たりします。自然に症状が無くなる事もありますが、逆に徐々に悪化していくケースもあります。整骨院けんしんでは、問診や検査で症状を特定し、症状に合った施術をしていきます。また、様々な技術をもっているため患者様に合った治療をしていきます。ほったらかしにしていると、どんどん悪化してしまいますので早めに整骨院けんしんに来院し、相談してみてください。詳しくはこちらwww.郡山市整体.jp/

1532